お教室紹介

横浜の閑静な住宅街の一角に、里見さんの教室があります。 現在、その教室に通う生徒さんは『犬とせっけん』をテーマに集まった向上心あふれる方たちで、中にはブリーダーやトリマー、ドッグアロマに携わっている方など職業も様々。自分の愛犬に何かできないか、そんな思いが講座を受けるきっかけになったそうです。

せっけんで犬の心と体を元気に

topbana

 里見さんの講座は全6回コースで、今回、取材でおじゃましたのは最終回の6回目。せっけんづくりをしない講義中心の講座ですが、せっけんづくりには欠かせない、実はとても大切な内容を含むものでした。まずは、前回作ったせっけんを型だしし、先生が硬さやデザイン、色の注意点などをコメントしていきます。
「里見さんのせっけんはギザギザ模様が特徴なんですね」と質問すると、いつか愛犬を洗っていたらツルツルすべることがあって、どうにかならないかとい考えていた時に、ギザギザにしてみようと思い試みたとのこと。

051004

 愛犬を洗う時はそれなりに力や工夫が必要とされるため、ギザギザはかなり使いやすそうと生徒さんも納得です。この形をつくるカッターはアメリカから入手したもの。里見さんのお気に入りのひとつだそうです。
できあがった生徒さんのせっけんは、写真におさめられ先生のホームページに掲載されます。授業を受けた生徒さんは皆、自分たちの石けんと他の生徒さんの石けんをサイトで比較したりするそうです。

今日の講義は『ペットシャンプーについて考える』というタイトルで、レジュメを開いていくと、充実したより深い内容は圧巻です。 愛犬のために、ただただいいものを使ってあげたい、その一心で作り始めた手作りせっけん。
さらに、せっけんづくりを「ただ作る」こととしてではなく、歴史を知り、法律を知り、市場を知り、そして成分や効能をきちんと学びましょうという、というのが里見さんのスタンスです。そのために、様々なメーカーのシャンプーやせっけん、そして法律や規制についてもよく調べているように思いました。その内容を生徒さんに惜しみなく、丁寧に資料として作成し講義をしていきます。ですから、講座の資料は、実に毎回10ページにもなります。

080607

基本的にはレジュメにしたがって進めていきますが、生徒さんからの何気ない質問や雑談をうまく取り入れ、いわばディスカッション形式というべき会話中心の講座にもみえます。生徒さんもすっかりリラックスし、和やかな雰囲気で進んでいきます。

また、時折様々な基材を使って実験も加えていきます。人間の皮膚と犬の皮膚の違い、そしてせっけんと合成界面活性剤との違いなど、生活の中のどういったところで使われているのか、様々なシーンでわかりやすく説明がされていきます。「これがいい」「これを使いましょう」というのではなく、選択肢のひとつとして、生徒さんが冷静な目で判断できるように工夫されていました。生徒さんの中には名古屋から通っている方もいて、向学心の高さがうかがえます。と同時に、先生の授業はより深い学びとなったのではないかと思いました。

010309

 生徒さんに「せっけんを使うようになって、すぐ結果など出るものなのですか?」と聞いてみると、1人は1回使っただけですぐに結果がでたのだといいます。とても調子がよくてやめられなくなり、先生のせっけんを購入していたのですが、ついに自分で作ることにしたそうです。
「今後どのような方向性を考えているのですか?」という問いには、「将来は犬のせっけん関連のショップやサロンを開業したい」との答えが。「先生から教わった内容をさらにブラッシュアップして、これからトリマーの学校にも通い知識を深めたい」と目を輝かせていました。


スポンサードリンク

【お教室の情報】

◆教室名:Peach Blossom『犬のせっけん特別講座 全6回』
◆住 所:横浜市保土ヶ谷区初音ヶ丘18-22
◆備考:新規講座もお問い合わせ下さい
◆受付時間:午前10時~午後6時20分
◆定休日:月曜日定休
◆Email:info@pb-dogsoap.com
◆HP URL:http://www.pb-dogsoap.com/