お教室紹介

広尾の「フュージョンフラワースクール」にて、野乃屋さんの主宰する手づくり石けん教室行われました。ここでは花の技術とセンスを学べる本格的なレッスンのほか、毎月季節のフラワーアレンジ1DAYレッスンを楽しめます。2008年2月には『花・芸術文化協会認定・プリザーブドフラワーディプロマコース』も開講するそうです。 今回はこの場所をお借りして「クリスマスに使う石けんづくり」として、様々なオプションを自分なりにアレンジしたオリジナル石けんづくりのレッスンが行なわれ、その様子を取材してきました。

クリスマスに使う石けんをつくろう!

bana

基本をきっちりマスターする

今回集まった生徒さんたちは、全員とあるSNSのコミュニィティなどで知り合った顔見知りということで、和やかな雰囲気ではじまりました。
まず最初に苛性ソーダの取り扱いについての説明をうけます。どんなものなのか、危険度や注意事項、使い方や身支度など丁寧に説明をうけます。苛性ソーダと水を混ぜ合わせるとき状態や温度、色を注意深く観察することなど、生徒さんはメモをしっかりとってこのときばかりは真剣です。苛性ソーダについて、生徒さんからの積極的な質問にも丁寧に回答します。

1b1c1d

写真左から:フュージョンフラワースクール,プリザーブドフラワー付アロマ花器,2008年1月開催1DAYレッスンの作品

11a2

素材を五感で感じる楽しさ

苛性ソーダの準備の次は、まず材料を計ることからはじまります。それぞれ2グループに分かれて作業を行います。石けんづくりでは材料をきっちり計ることが大切で、まちがいのないように気をつかいながら入れていきます。ぴったり計り入れたときには思わず歓声があがってしまうほど。石けんづくりがお菓子作りのような楽しさにも見えます。 その後ブレンドした油類を湯煎にかけ、溶かしていきます。みるみるうちに透明度が増していき、油もこうみるととてもキレイです。

456

その間に今日の石けんの香り付けを選びます。今日のレッスンで一番わくわくするところでしょう。香りには精油を使いますが、それぞれの特徴から何と何を混ぜ合わせればどういう香りになるのか、どういう色になるのか、どのくらいの分量を入れると良いか説明をきいていきます。
ひとつ手にとっては、香りを確認し「これはいい香り~」と感覚をフルにつかって自分の好みの香りを探していきます。お勤め帰りということもあり、その場ですぐに香りのリラックスやリフレッシュなどの癒しを体験できるところも植物性ならではなのでしょう。

789

さて油の温度を調整しながら、素材同士を混ぜ合わせていきます。その後はひたすら攪拌の繰り返し。ぐるぐるぐるぐる・・・。混ぜ合わせ方も慣れないとボールからあふれてしまうと、ちょっと緊張気味。先生が混ぜ方の見本をみせると「ほ~」「なるほど~」とコツをつかみはじめる生徒さんたちです。その後はブレンダーなどを利用して一気に攪拌がすすみ、トロリとしてくる状態に。この摩訶不思議な状態に「お~」というどよめき、「なんだかコーンポタージュみたい」などという言葉にどっと笑いが。この状態をトレースが出る状態だときっと手の感覚にしっかり刻んだことでしょう。

121311

写真左から:赤い色のオプションも,みるみるうちにキレイなグリーン色に変化,コーンポタージュのよう

オプションの投入はそれぞれ自分の好みで入れていきます。この日用意されていたのは精油やクレイ、はちみつやジャムなど安心できる素材ばかり。本当に自分だけのオリジナル手づくり石けんです。それぞれ香りにアクセントをつけたり、色や柄(マーブル)に工夫をこらしたり、自分自身で考えながら型入れまで無心なって作業をしていきます。
食品用ランチボックスに作った石けんを流し込み冷えないように保温し、時間を置いて自分で手軽に持ち帰ることができ、開封も簡単です。きめ細かいところまで行き届いたサービスですね。

今回の受講者の皆さんに、なぜこの講座をうけてみようと思ったのか質問すると、「先生に興味があったから。」とか「友人からいただいた石けんがよかったので手づくり石けんに興味があったから」とか「とにかくものづくり、手づくりが大好きなので」といった理由でした。また今回は、クリーム作りを同時に行った点について生徒さんから「石鹸は熟成するまで時間がかかるので、 今回みたいにすぐにつかえるものも一緒に作れるととても嬉しい」といった声も聞かれました
夜遅くまで長時間でしたが、次回もまた是非参加したいという。皆さん本日ははお疲れ様でした。

※この記事は旧石けんWEBの2007年11月の記事を再掲載しております。


スポンサードリンク

【お教室の情報】

◆教室名:手作りせっけん野乃屋
◆住 所:2008年は2・4・6・8・10月に都内で開催の予定
◆備考:新規講座もお問い合わせ下さい
◆受付時間:10:00~18:00
◆定休日:日曜日
◆Email:info@nonoya.net
◆HP URL:http://nonoya.net/