お教室紹介

雄大な山々と端正な富士、自然のさわやかな空気を満喫できる山梨県甲府市。ここに、現在120名の生徒さんを持ち、ほぼ毎日うまるという石けん教室があります。一体、どんな石けん教室なのでしょう? さっそくレポートをご紹介します。

120名の生徒さんが大きな財産

講座を楽しむ団塊世代の女性たち

02

取材に行く前に日程を確認しあう中、1枚のスケジュール表がメールで送られてきました。
そのびっしり詰まった石けん教室の日程と参加者の人数、教室の内容を見て、スタッフは仰天! なんというハードスケジュール! 山梨にこんなに手づくり石けん人口がいるの?(失礼…)というのが正直な感想でした。


スポンサードリンク

03

主宰者は、山梨県甲府市に住む“HAND MADE SOAP PASERI”の
深澤由美さん。教室を始めて3年のベテラン講師です。毎月定期的に行われる講座が多く、生徒さんは、今どの企業も注目する団塊世代の地元の女性がほとんど。元気ですてきで、ちょっぴりおちゃめな「おばちゃま」たちが楽しみながら講座に参加し、また、同じ世代の仲間との出会いの場にもなっているようなのです。

息の合ったチームワークに感動!

取材で訪れたその日、教室にはすでに11人の生徒さんが集まり、準備が整えられていました。深澤さんが「みなさん、今日は取材が入りますが緊張せずに~」と明るく言葉をかけると、「あら~」という声とともに笑い声が聞こえてきます。教室のムードがあたたかく和やかで、私たちの緊張もほぐれていきました。
その日はビールの石けんづくり。互いに作業やレジュメを確認し、頷きあい、手際よく淡々と進められていきます。石けんづくりで一番緊張する「苛性ソーダ」の作業も、躊躇することなく手慣れた手つきで投入。そしてすぐ攪拌作業に入ります。気づくとスタートしてまだ20分程度。“ぐるぐる”という音がリズムよく聞こえてきて、それとともに楽しそうなおしゃべりも尽きません。
一見、それぞれがバラバラに動いているようですが、全体で見ると独特のまとまったリズムで進行している様子。この絶妙なチームワークには本当に感動しました。「皆さん、慣れてますねぇ」と思わず言うと、「通い始めてもう3年になるのよー」「私は2年よ!」という声が次々と返ってきました。

 

あくまでも主役は生徒さんという姿勢

深澤さんは、いわゆるスクールタイプの講師スタイルをしていません。作業をする人、材料をもってくる人、質問をする人、そういった一人ひとりのニーズに合わせて身体を動かし、一歩下がった「アドバイザー」として徹しているように感じました。こういう教室のスタイルにするまでさまざまな葛藤があったそうです。「生徒さんが思い通りに動いてくれない、自分の思い通りにできないと悩んだ時期もありました。でも、皆さんが自分たちのペースで楽しくできるのが一番と思うようになり、気がつくとこういう形になっていたんです」と深澤さん。
そうこうしているうちに、グループの何人かがもう一つのレシピ、UVミルクローションづくりに入ります。開始からまだ30分。石けんチームとローションチームがあうんの呼吸で作業を行い、石けんチームはすでに型入れし、あっという間に完了していました。一方のミルクローションも、あれよあれよという間にできあがり、気がつけば、教室スタイルだった机とイスがお茶とお菓子が並ぶ団らんスタイルに。「わたしらはこれが楽しみで来てるのよー」と生徒の皆さん。この教室なら絶対毎回通いたいと思うくらいステキな教室でした。

 

「最後の一人になっても続ける!」

01

深澤さんが石けんに出逢ったきっかけは、お子さんのアトピーに悩んでいた時、ネットで知り合った地元のソーパーさんから手作り石鹸のことを教えてもらった事から始まりました。さまざまな教室に通って自分で作れるようになり、最初は小さな教室を開催。その後自治体からの講師依頼を引き受け、そうこうするうちに、いろんな人の口コミで広がっていきました。それでも3年近く、120名の生徒さんを持ち続けるのは至難の業。そのヒケツは何でしょう?
「やっぱり教室って楽しくないとダメだと思うんです。自分の作業時間や資料作りとかを考えると、正直、割が合わないです。でも、高い受講料で堅苦しくやるより低価格のワークショップで、何より気軽に自分たちも楽しめる講座にしたいという思いでやってきました。それと地元の皆さんに支えていただいて、本当にありがたいですね。人間味あふれる、この甲府だったからこそできたんだと思います」 (深澤さん)

何より、この生徒さんたちの元気な笑顔を見ていると、いろいろな石けん教室のスタイルがあっていいんだと、私たちスタッフも新しい世界を知ることができたように思います。さらに、とても強く心に残ったのが、「最後の一人になっても続ける」という生徒さんからのメッセージ。この言葉が、甲府を愛し、長い年月をかけて人と人との絆を作り上げてきた深澤さんにしかできない、石けん教室の魅力のすべてを語っているのではないでしょうか。

※この記事は旧石けんWEBの2008年5月の記事を再掲載しております。

【お教室の情報】

◆教室名:山梨の石けん教室PASERI
◆住 所:山梨県甲府市宮原町77-4
◆備考:2008年はほぼ毎日開催の予定(別途お問合せ下さい)
◆定休日:土・日・祝日
◆HP URL:http://ameblo.jp/paseri-soap/