特集

vol.11 自然農の畑にふく風

1.半農半エックスというライフスタイル

みなさんこんにちは。私たち夫婦は6年前に伊豆に移住し、自給用の畑をはじめました。
~できるだけ自然の循環を生かし、地球にもカラダにも喜ばれる畑にしよう~
そんな思いから自然農という方法で野菜を育てています。あとの時間は全国を回って大好きなカラダのお話をしたり、波乗りしたり・・・。そんな毎日を過ごしています。
今回は、自然農の畑を通じて見えてくる自然や地球とのつながり、そしてその素晴らしさについて、お話しをしていきますね!

(※僕のようなライフスタイルを「半農半X」といいます。
ご興味のある方は提唱者の塩見直紀さんのHP( http://mavi-ch.com/xseed/ )をご覧下さい)

2.自然農ってなに?

自然農というのは農薬はもちろん、肥料も使わず・土も耕さず・雑草も出来るだけ抜かない、そんな少し変わった農法です。自然の森は誰も耕したり、肥料をあげないのに見事な大木に育ちます。そんな自然の持つ力を最大限に活かしつつ、野菜を作る方法が自然農です。例えるならサプリや薬で健康を維持するのではなく、自然治癒力を高めるようなカラダ作りをすることで病気にならない体を作るという考え方によく似ています。実は、この自然農の考え方は畑だけでなくカラダや地球環境すべてに共通するんですよ。

3.雑草ってじゃまもの?

さて、下の左が普通の畑です。右がうちの自然農の畑。どこが違うかわかりますか?

そう、自然農の畑には「野菜」と「雑草」と呼ばれる草とが同居しています。「雑草」・・・その存在は、野菜の養分を奪い取る邪魔者のように考えられています。でも、ほんとうにそうなのでしょうか?

強い日照りの続く夏。普通の畑が砂漠のように乾燥しているのに、自然農の土はしっとり湿っています。そうですね、雑草が土や野菜を乾燥から守ってくれたんです・・・まるでお肌を乾燥から守るクリームのような役割で!
「雑草」の役割はそれだけではありません。冬になり、草たちも枯れる時が来ます。でもそれが全ての終わりではなく枯れた草は分解され、フカフカの土となり、また次の春に芽吹く野菜たちの肥料となるのです。一見邪魔者だと思っていた草が、巡り巡って野菜を助けてくれているその不思議。

写真:枯れた雑草がフカフカのベッドのように

4.すべての存在には意味がある!

これは「害虫」と呼ばれる虫も同じです。野菜を食べる「害虫」は 鳥たちの餌となり、その鳥の糞は、野菜の肥料になり。敵だと思っていた「害虫」もまた、巡り巡って野菜を助けてくれている・・・。ああ、それはこの地球も同じですね!全てが関連しあい、巡っているこの世界。私たちは「チキュウ」という畑に住まう、一つのいのちです。お互いが見えない縁によって結ばれ、その存在が誰かのためになりその誰かの存在が、また違う誰かのためになり・・・。
一見、敵に見える存在も、全てに意味があり必要なのだと。
そんな多様な糸が織り成すタペストリー。
だからこそ、だからこそ、自然農の畑も 地球も美しいのですね。

最後に大好きな吉野弘さんの詩をご紹介します。

〈生命は〉

生命は 自分自身だけでは完結できないように つくられているらしい
花も めしべとおしべが揃っているだけでは不充分で 虫や風が訪れてめしべとおしべを仲立ちする
生命は その中に欠如を抱き それを他者から満たしてもらうのだ
世界は多分 他者の総和
しかし 互いに 欠如を満たすなどとは 知りもせず 知らされもせず
ばらまかれている者同士 無関心でいられる間柄
ときに うとましく思うことさえも許されている間柄
そのように 世界がゆるやかに構成されているのは なぜ?
花が咲いている すぐ近くまで虻の姿をした他者が光をまとって飛んできている
私も あるとき 誰かのための虻だったろう
あなたも あるとき 私のための風だったかもしれない

ありがとうございました。


スポンサードリンク

【プロフィール】

野見山文宏
のみさんの「日本一わかる!生理解剖学講座」主宰
神戸市出身 41歳・鍼灸師
サラリーマン時代に過労で倒れたのをきっかけに生き方を模索し、鍼灸師に転進。治療のほか 食養生・断食・地球環境・有機農業などを学ぶ。
現在、妻と共に伊豆に移住し半農半講演生活を送る。日々のブログ → http://plaza.rakuten.co.jp/yululi/
セミナー関係ブログ → http://plaza.rakuten.co.jp/selfmedical/
5月3日 「LOHASのその先にあるもの!」と題して 塩見直紀さんと都内で講演を行います。
大好きなことを仕事にしたい・・・そんなことを考えている方はぜひご参加下さい!
http://plaza.rakuten.co.jp/selfmedical/diary/200703060000/