BOOKクラブ

みんなに注目されているソーパーさんたちに、石けん作りや日々の暮らしに影響を与えたお気に入りの一冊と、その本にまつわるエピソードを紹介してもらいました。

「赤毛のアン」

私がご紹介したい本は2冊。選びきれなかったので、2冊ご紹介させていただきます。
1冊目は、誰もが1度は読んだことがあるモンゴメリーの「赤毛のアン」です。
プリンスエドワード島のアヴォンリーに住む、カスパード兄妹(マシューとマリラ)に引き取られた11歳の孤児アン・シャーリーの物語。
この赤毛のアンに出会ったのは小学生の時。お友達に借りた本がきっかけで、すっかり赤毛のアンのとりこになってしまいました。女の子ならほとんどが赤毛のアンの洗礼を受けるのでしょうが・・・。私のアン熱は大学まで続きました。
高校生時代は、英語の勉強と称し、大好きな赤毛のアンを洋書で読み、大学の時には映画化された赤毛のアンを見るために、足繁く映画館に通い、ビデオが発売されると購入しました。それくらい大好きだったのです。
特に小学生のころは、アンと同じで、夢見る夢子ちゃん! お友達と一緒にアンとダイアナを真似て暗号を決めたり、家から魔法瓶に紅茶を入れて持ち出し、公園のベンチに雑草のお花を飾り、お友達とティーパーティーの真似事をしたり・・・。とにかく、アンと関わるだけで胸がときめき、ドキドキして世界がキラキラしてくるのを感じたものでした。
でも、大人になるに従い、いつしか忘れてしまったアンワールド。
ふと思い立って、20年ぶりに読み返してみたら・・・。
あのときの感動が再び!
子供のころに感じた、あの「キラキラ感」。自分の将来に希望しか見ていなかったあの頃のワクワク感。そんな感覚がよみがえってくるのです。
そして、あの頃と同じように、読み始めるとすぐにアンワールドに引き込まれてしまうのです。それに加え、年を重ねた今は、アンの発言の深さに感服せずにはいられません。

アンの大好きなチョコレートキャラメルをマシューが買ってきてくれた時、「いちどきなんかに食べないわ。今晩は一つだけにしておくわ。それからこれ、半分ダイアナにあげていいでしょう?そうしたら、あとの半分は倍もおいしくなる。ダイアナにあげるものができたと思うと、うれしいわ。」大好きな物を大好きな人とシェアし、喜びを分かち合いたいって言う気持ち。こんなセリフをきくだけで、心が温かくなりませんか?
自分も誰かにそうしたいって思えちゃうし・・・。

初めてのピクニックを楽しみにしているアンはマリラに「あのね、マリラ、何かを楽しみにして待つと言うことが、そのうれしいことの半分にあたるのよ。そのことは本当にならないかもしれないけれど、でも、それを待つときの楽しさだけはまちがいなく自分のものですもの。リンドのおばさんは、『何事も期待せぬものは幸いなり、失望することなきゆえに』って言いなさるけど、私は何も期待しないほうが、がっかりすることより、もっとつまらないと思うわ。」と、言ったアンのセリフ。子供の頃はただ読み進めていただけですが、今はとても心に響きます。年齢とともに、失敗や傷つくことを恐れ、期待しなかったり、希望をいだかなくなってきていて・・・。そんな私にこのセリフはすばらしい気づきを与えてくれたんです。期待しているときの楽しさ、ワクワク感!どうしてそれまで捨てちゃったんだろうって・・・。私、ずいぶんと損しちゃっていたな~って。

ストーリーの終盤、マシューが亡くなり、アンが大学進学をあきらめ、マリラとグリーンゲーブルズに残ることにした時に「いままでどおり夢はあるわ。ただ夢のあり方が変わったのよ。中略

今、曲がり角にきたのよ。曲がり角を曲がったさきに何があるのかは、わからないの。でも、きっと一番よいものに違いないと思うの。それにはまた、それの素敵によいところがあると思うわ。」と言ったセリフ。人生の岐路に立たされた時、こんな風に思えたら、どんなに楽でしょう!私たち大人は、人生の岐路に立つと、心配と称してついつい悪いことを考えてしまいがちですが、アンは持ち前のポジティブ思考で、すべてを素敵な道に替えちゃうんですから、本当にすごい!
これぞ、引き寄せの法則ではないですか!!!
私は自己啓発本も好きですし、スピリチュアル系の本もよく読みますが、この「赤毛のアン」って本当にすばらしい自己啓発&スピリチュアル&文学だと思うのです。彼女は持ち前の想像力と行動力を使って、どんどん自分の世界を変えていっちゃうのですから。
周りからは「事件」と言われるような騒動を起こしつつも、それもすべて彼女の想像力でチャンスに変えてしまう。ありふれた日常を想像力と言う魔法を使って幸せに満ちた暖かい世界に替えてしまう。
そんな魔法、私たちも使えたら嬉しくないですか?
それも誰もが持っている想像力だけで・・・。
20年ぶりにアンに再会したおかげで私の中の何かが変わり始めました。私の中のアンが目覚めたと言うか・・・。 不思議・・・。 アンをお手本に眠っていた私の想像力をちょっと使うだけで、食後の紅茶がとてもおいしく感じたり、普段の食事もごちそうに変わるし、古びた庭の柵もレトロな趣をかもし出し始め・・・。石鹸作りも、化粧品作りもすべてがキラキラ! 幸せ度が倍増!

久しぶりに読んでみて下さい。
きっと皆さんの生活も、もっともっと輝き始めるはず!
そして、ご紹介したい本の2冊目は「セラピストなら知っておきたい解剖生理学」です。
私のアロマセラピーのクラスもこの本を元に解剖学のレクチャーを行っているのですが、とにかく、体の仕組みをわかりやすく解説してくれているのです。解剖学って言うと、難しいイメージがあるのですが、この本は文体も柔らなく、読みやすく、参照図などもとても分かりやすいイラストで紹介してくれています。
「どこにどの臓器があるのか、意外と知らない。」とよく生徒さんが言うのですが、本当にそうなんですよね。意外と私たちって、自分たちの体のことを知らないものですよね。それぞれの位置や構造だけでなく、その役割も分かっていなかったり…。
自分の体のことです!是非、一読ください。
それぞれの臓器の役割、私たちの体の構造を知れば知るほど、本当に不思議でたまりません。この上なく精密にできているわけですから。
こんな精巧な物体、誰がどうやったら作り出せるのか?
生命の神秘を感じずにはいられない・・・。本当に不思議です・・・。
その上私たちの身体って、24時間、365日、休むことなく働き続けてくれているんですよね。そう思うと、もっと労わってあげなければ!と反省する毎日です。
どうして睡眠が大切なのか?
どうして生理の時には浮腫むのか?
顔のしわやたるみはどうしてできるのか?
そんな疑問もこれ1冊ですべて解決!
理由がわかれば、その症状を怖がることなく、自分にあったアプローチ法で対応できますよね。
この本を参考に身体を整え、赤毛のアンで心を満たせば、毎日がどんなに変わるか・・・。Body・Mind・Spritが調和した私であるために、この2冊は本当に要の本となっています。
是非、皆さんも読んでみて下さいね。私からのお勧めです。


スポンサードリンク

【ソーパープロフィール】

ゆるLOHA 桜本梨恵子さん NY近郊在
◆メインサイト http://www.yuruloha.com
◆ブログhttp://yuruloha.blogspot.com/
★LOHAS コーディネーター
★Institute for Integrative Nutrition,(世界最大の栄養学校)認定ヘルスコーチ
★AADP(アメリカドラッグレスプラクテショナー協会)認定プラクテショナー
★IHキネシオロジー プラクテショナー
★ARC(アメリカのアロマセラピー資格)認定アロマセラピスト
★NYリフレクソロジスト協会認定 リフレクソロジスト
Body・Mind・Sprit の全てが満たされたライフスタイル、ストイックになりすぎず「いいな!」と思うことを取り入れ、日々の生活を豊かにするライフスタイル「ゆるLOHA」を提案。
Bio-individuality(バイオインディヴィデュアリティ)、100人いれば100様のライフスタイルがあると言うコンセプトを前提に、LOHASコーディネーターとして、それぞれに一番あったライフスタイルをおくるお手伝いをしています。