BOOKクラブ

みんなに注目されているソーパーさんたちに、石けん作りや日々の暮らしに影響を与えたお気に入りの一冊と、その本にまつわるエピソードを紹介してもらいました。

「本当にあった○○シリーズ」

今回この話をtaoサンから頂いた時に何をネタにしようか考えてたら
自分が石鹸を作り始めるきっかけになったアノ雑誌だっ!と思いついたのですが
今から6~8年くらい前の本で
何の気もなく面白いネタを探して買った本だったので
大事にしていたりとかは、してなくて。。。(^^;

今考えれば、
大事に取って置けばよかったと後悔ですけど
タイミングやきっかっけって何が始まりか判らないですね。
で、その雑誌なんですけどそもそも笑える4コマ漫画や
読み切りのマンガがメインの本で
自分が読んだ本に偶然に載っていたマンガには
「石けんを作る」と言う事をギャグを交えて楽しく紹介されていました。

その当時、
自分は入浴剤やいい香りの石けんを販売しているお店にハマっていて
使っていて楽しい物だったのですが、
金額的にも安くなかったり
ひと通り使ってマンネリしてた時期に
雑誌に紹介されていた、油を使って石けんを作れる事や
身近な道具を使って作れること
自分の好きな色や香りを付けられるし型まで選べるし
作った石けんをカットしてプレゼントできる事を知って
とても楽しそうだと思っていました。

それから数日後に
これまた時間つぶしに立ち寄った本屋に
その雑誌に紹介されていたtaoサンの本を見つけたら
「あ、∑(゜Д゜) これヤレってことか!?」みたいな運命的なものを感じて
普段は面倒臭がりの自分なのですが取り敢えず行動に。。。

そうこうして今でも続く趣味をゲットしたのですが
石鹸は本当に面白いです。

バイクで出掛けようと思っていたのに
雨が振ってしまった休日とかに作って楽しめるし
知り合いと買い物に行って、自分は飽きちゃっても
雑貨屋さんを見つけて「あっ、コレ石けんの型に使えんじゃん!ψ(`∇´)ψ」とか。
良い時間つぶしにもなるし日常生活に少し明るいスパイスをくれます。
あ、本の紹介でした(^^;;

この手の雑誌は読んでいると「ニタニタ」や「クスクス」がこみ上げてくる
沈んだ気分の時に読むと元気になれる本です。
時間つぶしに是非どうぞ(^ω^)


スポンサードリンク

【ソーパープロフィール】

島根 広さん 埼玉県川口市在住
電気工事をしながら趣味で石鹸作りを楽しんでいます。
生活の木さんが毎年開催しているハンドメイドソープ展で2010年のアイデア賞を頂いたのが石鹸生活最大の自慢(^^
現在、彼女(嫁)募集中!よろしくお願いします!