ソーパーインタビュー

「手づくり石けん」つながりで見つけた素敵な人を紹介するコーナーです。第2回目は、サッカーが大好きな川手美香さんに、サッカーと石けんの意外な関係と、ご自分の石けん作りについてお話を伺いました。

石けん作りとの出会いはサッカー!?

facei-2

―普段されているお仕事や、趣味について教えてください。

平日は事務のアルバイトと公文の先生の2つの仕事をかけもちしています。私の人生には仕事をすることが必要だと思っていますので、仕事はずっと続けていますね。でも、もっと必要なのがサッカーです! 今の自分を分析すると、自分の人生の4割がサッカーで1割が仕事、1割が石けん、残りがその他の趣味と普通の家庭生活でしょうか(笑)。

―そんなにサッカーがお好きなんて、とても驚きました。サッカーにはどれくらい力を入れているのでしょう?

応援しているのはヴァンフォーレ甲府というJリーグのチームなのですが、ホームゲーム、アウェーゲームにかかわらず、ほぼ毎試合スタジアムに観戦に行きます。私自身は運動神経がないので、サッカーはできません。ゴール裏に飛んできたボールもよけられないと思いますよ(笑)。スポーツとしてのサッカーが好きなんですよね。それから、スタジアムに行けば、必ず知っているサポーター仲間がいて、そこで仕事や家庭の悩みなどを相談したりすることもあったりします。同じ目的を持った仲間が集まっている居心地の良さみたいなものがありますね。

―では、川手さんの石けん作りとの出会いは?

実は、私の石けん作りの始まりはサッカーがきっかけだったんです。サッカーのチームカラーの石けんが欲しいというのが、石けん作りの最初。もともと、薬品を使う仕事をしていたのもあって、友人が石けん作りの本を、「そんなに難しくないよ」といって貸してくれたので、それを見ながら自分で作ってみました。チームカラーの青と赤の石けんに、チームのエンブレムをかわいくデザインしたラベルを付けて…応援するチームの石けんを作れてとっても幸せを感じました。そこから夢中になって、生活の木の応用科で学んだり、マイスター講座を受講したりしました。友人から「子どものチームカラーの石けんを作りたい」と言われることもあり、どんな石けんを作ろうかと盛り上がりますよ。

青赤石けん2青赤石けん6青赤石けん1

写真左から青赤石けん2、青赤石けん6、青赤石けん1

―石けんとサッカーはつながっていたのですね。その2つに共通点はありますか?

そうですね、普段のいやなことを忘れて楽しめるということでしょうか。必死で石けんを作るのではなく、失敗することも「やっぱりね!」と楽しんでいます。

―川手さんの石けん教室はどのような雰囲気なのでしょう?

主に公民館を借りて非営利で開催する、6人定員の小さなクラスです。週末クラスはお仕事をしている方で、平日午前中は主婦が多いですね。自転車で来られる範囲の生徒さんばかりなので、午後の時間が有効に使える午前開催が好評で、石けんを仕込みながら、みんなでしゃべって帰る、というアットホームな雰囲気です。基本的に参加者が作りたい石けんを作るのですが、みなさんそれぞれが毎回同じ香りを選んでしまうことが多いかな。また香りを選ぶのに結構時間がかかるから、遅刻しても大丈夫(笑)。そのくらいの方が楽しいですよね。それに、安心できる素材で、好きな香りの石けんを安く作って欲しいと思っていますので、参加費は材料費からすべて込みで1500円ほど。「一個いくらだろう?」と考えて使わなくなってしまうのは残念ですからね。せっかくだからいっぱい使って欲しいです。

IMG_0224IMG_0221IMG_0215

写真はノーリツ春のエコライフフェアでの講師風景

―石けんに入れる材料で、「これは他とはちょっと違うぞ」というのはありますか?

塩です。徳島が好きなので鳴門の塩を使うのですが、使い心地がいいのでみなさん好きですね。後入れで、塩水にして入れます。塩のままだと粒々ができちゃうんです。しかも塩だけだから原価も高くないですし。あっという間に固まります。

―石けんをお持ち帰りするときはどのようにしていますか?

いつもは1人半分ロットなので、牛乳パック半分です。型出しはこちらでして、次回に自分でカットして持ち帰っていただきます。模様の出方もみんな違うので切る時に時にとっても盛り上がりますよ。

―今後の石けん作りはどういう風にしていきたいと思っていますか?

歳をとってもずっと作っていきたいですね。私は何歳までつくれるかな?と思います。石けんの講師だけを仕事にするつもりはなくて、どこかで働くことで、いつも使われる立場にいたいと思っています。教える方、習う方、両方の立場を経験していた方が、人間的に幅ができると思う。あとは、石けんでつながる友だちが欲しいですね。

 

何事にも一生懸命で十分すぎるくらいの大人の気遣い。いわゆる”出来た女性”だなと、お会いしたときから、すぐに話があってとても楽しかったです。ありがとうございました。


スポンサードリンク

【ソーパープロフィール】

川手 美香(かわて みか)さん
ハンドメイド石けん協会会員
神奈川県伊勢原市在住 ふたご座 B型
サッカー、山梨、動物が大好きです。
サッカー好きが高じて石けんを作り始めました。
遠征先、対戦相手から石けんのアイデアをもいただくこともしばしば。
自分好みのデザイン、香り、使い心地が楽しめる手作り石けんを、気軽に体験して欲しいと思い、月に2回ほどサークル活動をしています。
◆ブログ http://aromapod.info/