お教室紹介

千葉・四街道 手作り石けんと植物療法の教室「Pikake」を主宰する五十嵐先生のお教室を取材してきました。

笑顔がいっぱい! 楽しすぎる手作り石けんレッスン

今回は千葉県四街道市の閑静な住宅地にある手作り石けん教室「Pikake」のレッスンをレポートしてきました!「Pikake」の主宰・五十嵐先生はハンドメイド石けんシニアマイスターだけでなく、アロマテラピーインストラクターやハーバルセラピスト、フラワーデザイン講師などの資格を持つ、植物が大好きな方。先生ご自身もナチュラルな雰囲気で、石けんやハーブがとてもお似合いです。
実は石けん作りの現場は初めてで緊張気味の私に「一緒に作ってみませんか?」と、五十嵐先生。「えっ、いいんですか?まったくの初心者なんですけど…」「大丈夫、大丈夫!」ということで、急遽、レッスンに参加させていただくことになりました。この日の生徒さんは3人。いつもおなじみのメンバーとのことで、とっても和気あいあいとしていて、始める前のお茶の時間からにぎやかです。

IMG_3218IMG_3212IMG_3216

本日のテーマは「メイプル石けん」。オリーブオイルを基本に、数種類のオイルを組み合わせてメイプルウォーターとメイプルシロップ、アロマオイルを加えて作ります。
「メイプルウォーター??」生徒さんたちと私の頭の上にはてなマークが浮かびます。まずは飲んでみましょう、ということで少しずつ味見。ほんのりした甘さとメイプルの香り。カエデの樹液100%で、これを煮詰めるとシロップになるのだとか。メイプルシロップを入れると泡立ちが良くしっとりとした洗い上がりになるので、いつもは水を使うところをこのメイプルウォーターにすることで、それに近い効果を期待します。

五十嵐先生は、まず自分が入れてみたいと思う素材を使ってみて、それが良ければレッスン用のレシピにもしています。使った材料は食べられるものが多く、りんごジュースなどの甘いものは泡立ちが良くなるのでよく使うそうです。その他にもハーブパウダーやクレー、柿渋などを入れて作っています。普段暮らしの中で食べたり飲んだりしているものを石けんに入れたら…と考えるとなんだか楽しくなってきますね。

IMG_3234IMG_3235IMG_3229

さあ、いよいよ計量!オイルをそれぞれ測って温めます。先生が温めてくださっている間、私たちはおしゃべりに花を咲かせながら、トッピングの飾りにする石けんの型抜きをします。「いつもはもっと漫才みたいなんですよ」と、みなさん(でも今日も十分漫才みたいです)ほんとに楽しそう。型抜きが終わったら自分の好きなアロマオイル選び。今回私はラベンダー、ユーカリ、シベリアモミという、スーッとして元気になれそうな香りをセレクトしました。

先ほどのメイプルウォーターに苛性ソーダを加えて混ぜるのですが、苛性ソーダ怖いなあと思っていたら、その作業は先生が。溶かした苛性ソーダを温めたオイルに入れて、泡立て器でトロッとするまで頑張って混ぜます。おお、もったりとしてきた!なんか石けん作ってるーという実感がわいてきました!

IMG_3244IMG_3243IMG_3251

いい感じにドロッとしたら、半量に色材を入れて色を付けます。色付けしていない方を先に方に流し込み、先ほど型抜きした細切れの石けんをそこに並べて、さらに色付けした石けん生地を流します。その上に花びらのようにトッピング。この作業はそれぞれの性格が出ますね。散らしてみる人、几帳面に並べる人…同じ材料でも色や香り、飾りつけで個性的になります。

IMG_3257IMG_3258IMG_3260

これで今日、私たちができることはおしまい。石けんを型ごとプチプチで包んで保温している間にお楽しみティータイムに。
今回、私は本当に初めて石けん作りに挑んだので、途中、この作業はどうしてやるのだろう?などの理屈を先生に質問しながら進めさせてもらいました。このクラスの生徒さんたちはみなさん1年ほど通われているので、すでに何回も石けんを作っています。なので、それに合わせて作業が進んでいますが、1回完結なので、初めての人でも問題ありません。でも、「はじめての手作り石けん体験レッスン」なら、今回私が質問してきた石けん作りについての基礎的な知識を説明しながらレッスンが進むので、初めて作るのならこちらがオススメです。

では、生徒さんに聞いてみましょう!五十嵐先生のレッスンはどうですか?

IMG_3269

「とにかく楽しいんだもん!」真っ先にそう答えが返ってきました。確かに最初から最後まで、とにかく楽しそうでした。作業するときは真剣ですが、おしゃべりできる時はほんとににぎやか。
「毎回違うものを作ることができるので、飽きることはないです」
「理屈がわかるようになってからもう一度同じようなものを作る時、また前回と違った面白さがあります」
「実際に作り始めてから本を読むと、するっとわかるようになっていて面白いです」
月に1回のこの集まりが楽しみでしかたないという気持ちがよく伝わってきましたし、私もとても楽しかったです。

それでは五十嵐先生の石けん作りは何にこだわっているのでしょうか?

IMG_3281

「私はそれほど凝った形のものよりも、素材の違いを楽しめる石けん作りが好きですね。ちょっとかわいいものは嬉しいけれど、すごく凝っていて使うのがもったいなくてためらわれちゃうのはちょっと私は違うかなあと。たまには楽しい形のものを作るのは必要だと思うけど、それに重きを置いてはいません」
なるほど、石けん作りはいろんな方向から考えることができるのですね。奥が深いです。
これから家に持ち帰って、1~2日置いてから切って、さらに4週間ねかせます。熟成させていよいよ使えるようになった時、「作って楽しい、使ってすごくよくてまた楽しいのが石けん作りですよ!」と生徒のみなさんが教えてくださいました。
今日はありがとうございました。使うのが楽しみです!


スポンサードリンク

【お教室の情報】

◆教室名:手作り石けんと植物療法の教室「Pikake」
◆住 所:千葉県四街道市下志津新田の自宅(JR四街道駅北口から徒歩12分)
※詳しい住所はご予約いただいた方にお知らせしています。
◆備考:(公社)日本アロマ環境協会認定 アロマテラピーアドバイザー認定教室
石けん講座以外にも、アロマテラピー検定1級対応講座も開催しています。
★この4月からHSA認定マスターソーパーになる予定です
◆受付時間:午前9時~午後5時
◆定休日:不定休
◆Email:info@aroma-pikake.com
◆HP URL:http://www.aroma-pikake.com/