Soapmaking Wisdom

【会員限定】石けん作りにまつわる、素朴な疑問質問に業界で経験豊かなベテランのソーパーさんやその道のプロ!名人から回答をいただくコーナーです。Wisdomは単なる知識ではなく、経験に基づいた知恵や教えという意味があり、みなさんの石けん作りに役立てるためのひとつの方向性として読んだいただく記事です。

このみのアロマそして味の話

89446681 - warm tea for fall daysこの夏に発売された、ミルクティーやレモンティーの透明の飲み物、ためされましたか?
それはそれは不思議な感覚の飲み物です。まるで透明度とは無関係な顔したミルクティーが水のごとく透明な液体なのにまったくその味がするではありませんか。

これは、茶葉の香りの抽出を行い、ミルクフレーバーは乳清を利用したヨーグリーナというこれまた不思議ドリンクの製法の応用だそうです。それだけをきいてもなんであの味がでているのか不思議ですが、そこは企業秘密のところもあり、へーそうなんだ、と思って先に進みましょう。

暗闇でのんだらまったく違和感感じないミルクティーにレモンティー。でも色をみるとあれーこれでいいんだっけ?と思う。これが香りの不思議です。

たとえばオレンジジュース。鼻をつまんで飲むと、オレンジジュースの味はいまいちしません。嗅覚からの情報は本当にすごいのです。

***

19746611 - essential herbal oil

とあるCO2(二酸化炭素)抽出機械の製造工場を訪れたときのことです。
社長とお話ししていると、透明の香料をつくることができるとのこと。
これはびっくり! ベチバーとかパチュリの透明なのができちゃうの???

とかく重い香りは、色がついているものがおおいです。でも何らかの技術で色なしというのができるそう。私はまだみたことがないですが、透明ベンゾインなんかもそのうちできるのかもしれません。

常識にとらわれずにいったほうがずっと面白い未来があるんだなと思った瞬間です。

よく、質問をいただくのですが、CO2で抽出したエッセンスは「高価」である。なぜならば機械が高いから。という、20年以上も前のテキストをいまだ信じている人がいます。
20年もたてばいろいろなことがかわります。そもそも。水蒸気蒸留という古の技術を脈々とうけついでいることがすごいのです。

私は水蒸気蒸留は分かりやすくて大好きですが、もっといろんな方法で効率を求めたり香りのありかたに期待するのは「あり」だと思います。

***

精油のことを勉強しはじめたころ、よく、精油というものはこういうものだということにがんじがらめになっていました。ストイックなルールがあるようにみえたからです。
精油はアロマオイルとは呼ばない、(アロマオイルは合成香料も含むので)合成香料VS天然香料になっている。いつもこれは天然サイドから戦いを挑んでいて、合成サイドはなにも思っていないということ。精油の説明でよく耳にする、天然香料だから香水よりもやわらかくてよい香り?
本当にそうでしょうか? 天然でもパワフルで他を圧倒させてしまう香りがいくつもあります。先日20年も前の精油を整理したのですが、多少粘度はでていたものの、よい香りを放っていました。

***

83391290 - fresh lavender flowers

調香師協会の講習会で、とある大企業のかたが「よく、天然だけでつくってほしいってご依頼があるんですけどねーーー。天然だといいものができないっていうんです」っておっしゃっていました。これもどうなのか?疑問に感じましたが(笑)天然香料のブレンドは弊社の得意とするところなので、そのご依頼はこちらにまわしてくださいね、と心のなかで思いました。

***

子供が学校から借りてくる図書であんびるやすこさんの書かれた魔女シリーズがすっかりお気に入りです。もうほとんど、でているものを読んでしまったかもしれません。
主人公の女の子は、すこしでも誰かの役にたちたいという気持ちでハーブや精油を使って、ご依頼主の希望のものを作ります。この本を読むたびに、精油を混ぜる、薄める、使う用途によっての形をつくり、そして使う。どれも難しいことはなにもないのですが、ジャレットの気持ちがはいっているという点で、毎回気持ちが引き締まる思いがしてならないのです。

ぜひ興味があればお手にとってよんでみてください。どのシリーズも面白いです。

お知らせ→
https://perfumeryindex.wordpress.com/

という、香りにまつわるちょっとかわったblogをかいています。テキーラのことについて書いてみましたのでぜひのぞいてみてください。

【今回、回答くださった先生】

やまぐちみほ

やまぐち・みほさん 有)桜ファーイースト代表
千葉市出身 世田谷在住
学生のころから香料に興味をもち、天然香料の輸入を始める。
何年もやっているのに飽きないのは香りの持つ力と信じている。香りは楽しい。
香りはいつも同じでない。2014年の春ごろに副鼻腔炎により2週間ほど無嗅覚になって、さらににおいの大事を実感。(今は復帰)
Air Of fragrance http://www.aof-aroma.com/shop/
香りデザイン・輸入・販売


みんなに注目されているソーパーさんたちに、石けん作りや日々の暮らしに影響を与えたお気に入りの一冊と、その本にまつわるエピソードを紹介してもらいました。

「西の魔女が死んだ」

わたしからのお薦めの1冊は、10年程前に映画にもなった梨木香歩さんの『西の魔女が死んだ』です。

その当時小学2年生の娘の愛読書でもありました。
毎日そして何度も飽きることなく読み返す娘を見て、娘が寝静まった後にこっそり読んだのがきっかけでした。
そのあらすじは、不登校になった中学生の女の子が、田舎で自然に囲まれて悠々自適に暮らすイギリス人の祖母の家に身を寄せ、「魔女修業」という名の精神修行を行うというものです。
「魔女修業」というのは簡単に言うと、何においても自分で決断し、やり通すこと。
 自然に触れあい、今までと違う生活リズムを送るうちに、心も身体も回復していくお話しでした。
幼かった娘は都会ではなかなか出来ない、ナチュラルライフの部分に憧れ、楽しく読んでいたようです。
もう1つ後から知ったことですが、初めて友達関係で悩んでいたそうで、自分と主人公を重ねていたのかも知れません。
 わたしが読むと娘とは少し違い、楽しいばかりではなく現代社会への問いかけのように感じました。
わたし自身いつからか、季節の小さな変化を感じることも無くなり、ただ流されるだけの毎日をあたり前に送っていました。
娘が生まれ、娘の目線と歩幅に合わせて歩いた時、道端に咲いたタンポポなどの草花、また落ち葉が舞うと感動と同時に、季節と季節の香りを共に感じていた子供時代を思い出しました。しかしまた娘の成長と共に、この小さな変化を見過ごし、繰り返すかのように日々忙しく過ごしていました。
 この本を読んだとき、またただ流されている自身に気付きはっとしました。そして、わたしの子供時代とは環境を含む様々なことが変化していることにも気付かされたのです。
例えば家に1台しか無かった黒電話が、中学生になった頃には黒電話ではなくなり、何台かの子機がありほとんど動くことなく電話に出られようになりました。
テレビは1台しかなく、野球シーズンには父が1人でテレビを占領するため、わたしは野球も父も嫌いでした。(笑)
でも各部屋にテレビを置くようになると、リビングで家族が過ごす時間は食事以外にはほとんど無くなってしまいました。
このように身近なところで便利なことが増え、それがあたり前の現在の生活。
もの1つにしても町中に溢れていますが、わたしの欲しいものは?と考えると特に無いことが殆ど。本当に欲しいのか必要なのかもわからないまま、手に取り買ってしまうこともあります。
たまに後から後悔することも。
 また、「これが食べたい!」と思って手に取り原材料を見ると、添加物や何かわからない名前が沢山並んでいることが多々あります。それと似ているのが、シャンプーなどのヘアケア用品や化粧品でした。
 知らないうちに私たちは化学製品に囲まれて生活している。という現実に驚いたと同時に恐怖すら感じてしまいました。
 このような生活全般を見つめ直したとき、不便ではあったけど子供時代のいいところは残したいと強く思うになり、まずはわたしに出来る簡単なことからはじめることにしました。
 それは大きく2つ。1つ目は家族の時間。
なるべく家にいるときには、リビングで過ごすことと、朝食は家族一緒に食べること。
これだけで家族の小さなSOSや変化に気付くようになりました。
忙しいことを理由に大切な家族を失うわけにはいきませんからね。
 そして2つ目。ここからは、大切な家族を守るための『わたしの魔女修行』
3年ほど前に購入した我が家は、わたしの希望で小さいながらもお庭付き。
そこには四季とりどりの草花やハーブ、野菜を育てています。
農薬を使用しない替わりに、野菜と相性の良いハーブを害虫予防に植えたりしながら楽しんでいます。土に触れると、不思議と癒され落ち着きます。
野菜やハーブを収穫できた時の喜びと、前の年に植えた花たちが今年も咲いてくれたときは、なんとも言えない愛おしい気持ちと、感謝の気持ちが生まれて来るんです。素直に「ありがとう」と。
庭なんていらないと言っていた主人は、今では芝生担当となりました。
主人は思春期の娘に取り入りたくて、最近は芝生で模様を描いています。渦巻きや石松模様のような。しかし、「気持ち悪い!」と娘からは一刀両断。そんな会話でも話してくれることに喜んでいます。(笑)
時々どうしてもお庭に出たくない日があります。それは、わたし自身が疲れているときや、忙しく心に余裕を持てなくなっているとき。そして気になっていても、何日も庭仕事が出来ないこともあるのです。お庭は当然ながら荒れてしまします。
そうです、お庭はわたしの心のバロメーターなのです。
 気分のいい日には朝から庭いじりをしたくなります。そして、収穫したハーブで石けんや化粧品を作る作業までもがルンルンと進みます。この作業がまたとても楽しいです。
自然の恵みから作る石けんたちは、肌トラブルで悩んでいた、わたしと娘の悩みも解消してくれました。
心に余裕が生まれると、家族や周りの人に優しい気持ちになれることにも気付きました。
この本の中のイギリス人の祖母のようにはいきませんが、私たち家族なりのナチュラルライフを楽しんでいます。
そして現在もこれからも、『わたしの魔女修業』はまだまだ続きます。


スポンサードリンク

【ソーパープロフィール】

IMG_3020

川口 宏美 hmfloraroom@gmail.com 
ナードジャパン アロマアドバイザー / ハンドメイド石けん協会 シニアソーパー
手作り石けん アロマクラフト教室 『flora room』主宰
自分はもちろん大切な家族のために、身近な食材やハーブ・精油といったナチュラル素材を中心に、お肌に優しい石けんとスキンケア用品の手作り講座を自宅にて開催しています。
◆ブログ    https://ameblo.jp/floraroom
◆ホームページ https://floraroom.jimdo.com/

【主なレッスン】
Workshop季節の石けん講座
石けんビギナークラス(全3回)石けん基礎科クラス)・石けんアレンジ基礎科クラス(全6回)
ハンドメイド石けん協会資格認定講座 ジュニアソーパー講座


小幡先生の主催する「お教室のお教室」に参加した生徒さんのお教室へ実際に行かれた生徒さんからのリアルな体験談レポートです! 今回は八王子みなみ野 アロマとハーブと石けん教室「aroMari」さんの受講レポートが届きました!

モニターレポート-アロマとハーブと石けん教室 aroMari

内 容:W椿とヘナの石けん
開催日:10月25日
場 所:aroMari自宅教室(東京 八王子)
参加者:3名
レポータ:宮澤美保さん
プロフィール:aroMariの単発講座、ベーシッククラス(基礎科)アドバンスクラス(応用科)HSAのジュニアソーパー、AEAJアロマテラピーアドバイザー取得。【atelier miimonto】を主宰しドライフラワーアレンジメント&石けんレッスンを行っている講師。

八王子みなみ野にあるアロマリさんで、単発CPせっけん講座「W椿とヘナのせっけん」を作って来ました。
IMG_7754
高校からのよき友人の真理子さんは、自宅サロン「アロマリ」で、アロマテラピー・手作りせっけん・ メディカルハーブ等の講座を開催されています。

今回のせっけんは、〈シャンプーとしてのせっけん〉も視野に入れているとのことで レシピはメインに椿油、オプションに今回初めて目にした椿油粕やヘナ等それ以外も冬の乾燥に期待の持てるオプションや、オイルレシピ構成になっていました。
オプション等は、入れるタイミング、温度の状態や入れ方などネットだけでは調べきれない、精油の作用での トレースのスピードなど伺って得られる知識はたくさんあります。

IMG_7758 IMG_7822 IMG_7756

単発の講座には、「まだ手作りせっけんは、あまり知識がなくて。」 という方や何年も手作りせっけんを作っている方も、一緒にレッスンに参加させて頂きます。
今回も、デザイン等何パターンかご提示頂いて、オイルレシピは二種類。レシピは同じでも椿油粕、ヘナ以外の色材も少しプラスしたり オリジナリティーのあるデザインや香りのせっけんが並びました。

私は、シーズンせっけんの、単発講座にもかなり参加させて頂いていますが、 アロマリさんの
石けんベーシックコースとアドバンスコースを修了させて頂いています。
また、HSAのジュニアソーパーもそのあと取得したのですがアロマリさんの二つのコースは、テキストでは得られない知識もたくさん組み込まれています。
グループ数人での、数種類のせっけんの作り比べも魅力的。コース内で得られる知識は、せっけんの事はもちろんアロマテラピーとメディカルハーブの資格をお持ちの先生なので ハーブや生薬、抽出の分野、精油の香り付けのコツ等これからのせっけん作りに、充分すぎるものを得られたと思います。

話は戻りますが、一方もう少しお手軽にまた、これから手作りせっけん生活を取り入れようかどうか…等と思われている方には、単発の講座も毎回魅力的です。 季節を意識されているレシピ。JAMHAメディカルハーブの認定校ならではのレシピ。自分では揃えられないオイルやオプションの種類。 また、アロマテラピーのお教室ならではの精油の種類は、自宅にたくさんの材料を抱え込まないで、 ご自分の生活に合わせたスマートなせっけん生活を始めるのにとてもお薦めです。

IMG_7798

毎回最後にティータイムがあるのですが、たくさんの情報交換( せっけんも、プライベートも)や、アロマがたかれた空間は、つかの間の癒しの時間だったりします。この間に少しでも、 けん化が進んで持ち帰りやすくなれば、ということも考慮されているとのことです。
是非、一度訪れて見てください。

最後に今回のレポートを書かせて頂きまして、ありがとうございました。

【お教室の情報】

◆教室名: aroMari~八王子みなみ野 アロマとハーブと石けん教室
◆住 所: 東京都八王子市(JR横浜線 八王子みなみ野駅徒歩8分)
◆代 表: アラ マリコ
・AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー認定教室・アロマテラピーインストラクター
・JAMHAメディカルハーブ検定認定教室・シニアハーバルセラピスト
・生活の木ハンドメイドギルド認定ハンドメイドソープインストラクター
2011年よりaroMari主宰  【キッチンから作り出す、私たちのアロマとハーブと手作り石けん】をコンセプトに実用性はもちろん、ココロが少し華やぐようなレッスンを心がけてますレッスン時間 平日10時から15時まで
お問い合わせ aromari2011@gmail.com
◆ブログ http://s.ameblo.jp/aromari2011
◆ホームページ https://aromari2011.jimdo.com


【会員限定】石けん作りにまつわる、素朴な疑問質問に業界で経験豊かなベテランのソーパーさんやその道のプロ!名人から回答をいただくコーナーです。Wisdomは単なる知識ではなく、経験に基づいた知恵や教えという意味があり、みなさんの石けん作りに役立てるためのひとつの方向性として読んだいただく記事です。

世界手洗いの日と石鹸の歴史に思うこと

先日10月15日は『世界手洗いの日』でした。
世界手洗いの日はユニセフによる国際的な行事で、国際衛生年の2008年から毎年10月15日を『世界手洗いの日』として、世界のあちこちで普及活動が行われています。
目的は、正しい手洗いを広めることや、衛生的にすることが身体を病気から守る事につながるということを伝える、というものです。
2364e60c7e6e68aca62c43c0dd6cf471_s
今も世界のどこかでは、不衛生な生活を強いられて命を失くす子供達がたくさんいます。
石けんで手を洗う事は、お金がかからず効果のある『ワクチン』と言われています。

さて、日本ではどうでしょうか?
衛生的な生活を送っている日本の私たちは、手洗いの大切さと命を結び付けて考えることは少ないように思います。
私は手作り石けんって素晴らしいな、と思っていますが、『石けんというワクチンを手作りできるって素晴らしい!』という感じではないように思います。
まったくその通りで素晴らしい事なんですが、どっちかというと『作る事が楽しい!』という感じかも。

石けんに限って考えれば、手作りでなくても大量生産された良質の石鹸は簡単に手に入ります。
清潔に過ごそうと思えば、過剰なくらい除菌してくれる製品がどこでも手に入れることができます。

でも昔の日本ではどうだったでしょうか?
P1110962
140年前明治時代の日本では、石けんは庶民のものではなく、洗濯はムクロジなどの植物が使われていました。
石けんは輸入品が多く、とても高級なものでした。
その頃の石鹸は医療用として治療に使われていて、洗浄目的での需要は殆どなかったそうです。
何だか意外ですよね。

そのうち日本でも石鹸製造をするようになったんですが、今のような大量生産の機械練石鹸ができる装置産業になるのはまだまだ先です。
釜炊きの職人さんによる手作りがスタートですが、原料油脂の精製精度や石鹸作りの技術が低く、匂いや色など今よりも品質の落ちる石鹸だったみたいです。
粗悪品が出回る事もあり、石鹸そのものの評判を落とすこともあったそうです。
この頃の化粧石鹸は、国産よりも輸入の化粧石鹸の需要が増えていました。

その後、石鹸製造は機械化に向けて進みだしました。
日本の近代化がすすむにつれて、石鹸の需要が一般化されたと言われています。

石鹸が生活用品として消費されるようになって清潔な生活が当たり前になったいま、
石鹸の本来の目的をもう一度見直して、先人達の多大な努力に感謝しながら、
石けん作りの新しい楽しみ‐色々な素材や香りや色の石けんを作る事‐で心を豊かに過ごしたいですね。


スポンサードリンク

【今回、回答くださったソーパーさん】

face1

AZSTORYのAZさん(愛知県名古屋市)
はじめまして!手作り石けん教室AZSTORYのAZです。愛知県名古屋市で手作り石けんの教室を2010年より開いています。
石けん作りが初めての方から、資格取得の講座、化粧石けん講座まで、色々なコースをご用意しています。
固形、液体、ぷるぷる・・・色んな石けんを作っていただけます。
『石けん作りを楽しむ!』というのがポリシー。お持ち帰りいただくのは石けんと笑顔です♪
教室の詳細は手づくり石けん教室AZSTORYのホームページ【http://azsoap.com】をご覧ください。
AZのブログLittle Story【http://ameblo.jp/az—story/】にも遊びに来てくださいね~。


【会員限定】石けん作りにまつわる、素朴な疑問質問に業界で経験豊かなベテランのソーパーさんやその道のプロ!名人から回答をいただくコーナーです。Wisdomは単なる知識ではなく、経験に基づいた知恵や教えという意味があり、みなさんの石けん作りに役立てるためのひとつの方向性として読んだいただく記事です。

Q:手作り石けんの効能効果について




 手作り石けんを使い始めたらお肌の調子がとても良くなるということは、どなたも経験されていると思います。色々作っていくうちに、さらに効果のあるものを作りたくなりますね。でも、石けんの「効果」って何でしょう?今回は石けんの「効果・効能」について考えたいと思います。

b19ef736409235124697a3442b9d1ae2_s

Q1. ハーブの効能を取り入れたいのですが、ハーブティーを入れたら石けんに効果は残りますか?

A1.ハーブの成分の抽出方法についてはここでは省略しますが、ハーブティーを石けん作りの水分として使う場合、抽出される成分は水に溶けるものだけです。アルカリで壊れる成分が多いので、ほとんど効果はないと言われています。
でも、本当にそうでしょうか?
気になるハーブがあったら、是非、実際に作って使い比べて見て下さい。理屈の上では入れても意味がないと言われるものでも、使ってみたら「何かが違う!」と感じられることはよくあります。その「何か」は、有効成分のせいかどうかはわかりません。

Q2.シミやしわに効果的な石けんも作れますか?

A2.これも、実際のところはよくわかりません。
本来、石けんは洗い流すものなので、美白成分を加えて石けんを作ったところで、肌にとどまっている時間はごくわずかです。
5737e9ceca2ca57e3bbed16795f8e029_s
ところが、作り手は期待していないのに、使ってくれた人から「手作り石けんを使ってから、シミがなくなった!」と言われたことのあるかた、きっと多いと思います。私も最初は「気のせい、気のせい。そんなはずないよ!」って笑って気にもしませんでしたが、実際に何人かの方に言われ、不思議だなーと思うようになりました。「しわ」に関しても、肌にハリが出て、小じわが目立たなくなったと感じる方は多いようです。

 最近よく考えるのは、手作り石けん(=油脂を原料として作られた石けん)そのものの、「お肌を健やかに保つ」という効果です。
「石けん」とは、脂肪酸ナトリウム(またはカリウム)のことです。大量生産品では、効率よく、泡立ちや洗浄力に貢献する脂肪酸を選んで石けんを作られます。一方、自分で作る場合、単一脂肪酸を組み合わせたりせず、さまざまな脂肪酸が含まれる「油脂」をそのまま原料としています。ほとんどの方が大量生産品ではあまり使わないようなソフトオイルをふんだんに使われていると思います。つまり、大量生産品とは脂肪酸組成そのものが大きく異なるのです。
 一般に、手作り石けんは過剰油脂があるからお肌に優しいとか、保湿成分グリセリンがたっぷり含まれているから保湿効果があると言われます。私自身もずっとそうだと思っていました。もちろん、それも関係あると思います。でも、どうやらそれだけではなさそうです。
ここ数年、過剰油脂ナシの液体石けんや透明石けんを肌に使うようになり、想像以上に使い心地が良いことに驚いています。さっぱりすっきりして、肌が滑らかになるように思います。また、ナチュラルな石けんとして人気の外国製の某石けん、製造過程をみると、加熱している上に、塩析しているではありませんか!グリセリンも取り除かれているのです。今まで信じていたことは何だったのでしょう(笑)。
ひょっとしたら、熱を加えても加えなくても、過剰油脂が残っていてもいなくても、「油脂」を原料とする石けんはどれも「お肌を健やかに保つ作用」に優れているのではないでしょうか。つまり、手作り石けんを使い続けていくうちに肌が健康になるように思います。

 使用感の好み、肌に合う合わないには個人差があります。
とても高価なオイル、貴重な材料を使ったから使用感の良い石けんができるとは限りません。自分ではすごく良いのができたと思っても、「いつもの石けんと変わらない」と言われることもあれば、普通に作った特別特徴がない石けんで「シミがなくなった!」と喜ばれることもあります。本当に不思議です。
色んな成分、効能効果について、知識として勉強することは楽しいですし、とても大切です。
でも、気になる素材は是非、実際に作って使ってみて、肌で感じて頂きたいと思います。思いがけない身近な素材の組み合わせから、自分だけのとっておきのレシピが生まれるかもしれません。

【今回、回答くださった先生】

Yumiko1

友尾由美子さん
京都府宇治市出身 大阪府堺市在住
薬剤師
1999年頃から手作り石けんを作り始め、細々とではありますが、手作り石けんを販売しています。
レシピを組み立てるのが好きで、作りたい欲にかられて作る自分用の石けんは、ほとんど毎回違うレシピです。
石けんを作る楽しさをより多くの方に知って頂きたいと思います。
https://www.facebook.com/yumikoshandmadesoap


【会員限定】石けん作りにまつわる、素朴な疑問質問に業界で経験豊かなベテランのソーパーさんやその道のプロ!名人から回答をいただくコーナーです。Wisdomは単なる知識ではなく、経験に基づいた知恵や教えという意味があり、みなさんの石けん作りに役立てるためのひとつの方向性として読んだいただく記事です。

Q.同じ石けんなのに型入れまでの時間に違いがあるの?

Q.先月初めて石けん教室に参加して、今回2度目の石けん教室参加です。どの本にも「20分間は泡たて器で休まずに攪拌を続け…」とありますが、前回の教室では20分もたたないうちに生地が固まり始めました。石けんは簡単にできるものだと思いました。ところが今回参加した教室では、なかなか型入れできるような状態になりませんでした。同じ石けんなのに、どうして型入れまでの時間に違いがあるのでしょうか。

image2

A.石けんは、油と苛性ソーダをあわせ攪拌することで作ることができます。参加なさった教室ではどのようなレシピで石けんを作られたのかわかりませんが、油のブレンドの割合により、石けんを型入れできる状態になるまでの時間は変わってきます。

たとえば、同じオリーブオイルでもエキストラバージンとピュアオリーブオイル、ポマスオリーブではまるで別のオイルであるかのようにトレースまでの時間が違います。またマカダミアナッツオイルや米油などのトレースの早いオイルもあれば、椿油やキャノーラ油などのようにトレースの遅いオイルもあります。

オイルの種類だけでなく苛性ソーダの水溶液の濃さや、追加の水分を加えるタイミング、水分置き換えで使った液体、温度や、オプション、香り付けに使う精油、攪拌する道具などなど…。

たとえば卵には、誰が湯がいても「何分間で半熟卵、何分だったら固ゆで卵」という不思議な卵のお約束がありますよね。だけど石けん作りのトレースが出るまでの時間には、そんなゆで卵的お約束はないのです。同じ条件で攪拌しても、作り手によって微妙にトレースの時間が違うことだってあります。

P1000894

自宅で石けんを作る場合は、トレースまでの時間も楽しみの一つですが、石けん教室の場合は決まった時間内に石けんを型入れできる状態まで持って行かなくてはなりません。そこで先生方は型入れまでの時間を工夫研究して、オイルの配合やオプションや精油、石けん作りの手順などを選ばれてます。

時間短縮のためにブレンダーを使われる先生、ブレンダーを使わずに手混ぜでトレースを出すためにオイルの配合に工夫をなさる先生…いろんな考え方で教室のレシピは組み立てられています。教室にはレシピに書かれていない秘密がたくさん隠れているんですね。

せっかく石けん教室に通う機会に恵まれたことすから、小さなことでも疑問に思ったことは先生に質問なさってください。本だけでは知りえることのできない発見があるに違いありません。それこそが石けん教室に通う楽しみではないでしょうか。



【今回、回答くださった先生】

pro

内藤潤子(サリー)さん
居住地域は、くまモンと同じ。
誕生石ルビーの獅子座。動物占いはライオン。
好きな言葉は「romantic conceit」。
アーサー王物語やグリム童話系の魔法物語が好き。
2004年、ネット友さんの手づくり石けんを買いたがるも、断られる。
しかし「交換ならする」と言われ、石けん欲しさに手づくり石けんを始める。
アロマの世界から手づくり石けん界に入ってくる方や、お子様のアトピーに悩んで石けんを作り始める方が多い中、異色の石けん界デビューであると自負している。←!
石けん教室 「Witch’s Kitchen -魔女厨房-」 主宰
◆ブログ「Witch’s Kitchen -魔女厨房-」は、絶賛更新中~☆http://blog.goo.ne.jp/ginga-mail


【会員限定】石けん作りにまつわる、素朴な疑問質問に業界で経験豊かなベテランのソーパーさんやその道のプロ!名人から回答をいただくコーナーです。Wisdomは単なる知識ではなく、経験に基づいた知恵や教えという意味があり、みなさんの石けん作りに役立てるためのひとつの方向性として読んだいただく記事です。

Q. ハイドロは買う時代から作る時代に



ハイドロとは芳香蒸留水のこと。植物から精油をとるときに、植物に水蒸気をあてて、冷却し水と精油とを作る。精油は比重が軽いので上に。水は下にできる。

私が精油の輸入を始めたころは、この水・・・芳香蒸留水はあまり重要とされておらず「副産物」なんて呼ばれ方をし、フランスの蒸留所でも川のごとくハイドロが流れていた。

20371175_1587081857969762_474751737_n

私はこのハイドロが大好きで、ペットボトルに詰めて持ち帰ったら気圧で漏れちゃって成田で大変なことになったことがある。忘れもしないタイムの蒸留水。

芳香蒸留水は植物を使う場所によって呼ばれ方が違って、主に花からとる蒸留水はフローラルウォーターといって珍重される。(ネロリ、ローズ、ラベンダー御三家)

20年も前はこの廃棄寸前のハイドロは1キロ2ユーロ3ユーロな話だったけど、今は化粧品につかったりあれやこれやでぐんぐん値段があがって、空輸させたら到着するころには結構な金額になってる。私が気に入らないのは、インボイスの合計金額で課税されるので、この重量の重いものを運んできた、送料に課税されてしまうこと。

20370506_1587082384636376_1606547770_n

そうすると、小売りで出す頃にはすごいことになってしまう。

最近は小ぶりで手頃な蒸留器がうってるので、自作する時代なのではないかと思う。
材料も生にこだわらなければ、ドライハーブのよいものが手に入るし、なにしろ自分の目の前で自分が蒸留したものなのだから、間違いがなくてよい。

化粧品というのは原材料にパワーをかけると、末端の金額がうなぎ上りになってしまう。
とくにこの蒸留水。だから蒸留水100%で使うことが金額上できずに水で薄めているものをよくみる。だけどオリジナルで作れば100%の芳香蒸留水コスメが作れる。
そして、ハーブだけでなく、果物や野菜などからも抽出が可能!これが面白い。

石けんに使うことも可能。苛性ソーダを溶かすときに、芳香蒸留水に置き換えることを私は個人的にはよく行っています。

苛性ソーダをとかすようの水は、予め冷やしておく・・・と、急激に温度があがりにくくよいでしょう。

化粧水にするときも単一のハイドロだけをつかうのではなくいろいろ混ぜると香りに深みがでて楽しいです。

20428563_1587082741303007_264316944_n

たとえば、

夏の日の化粧水
・ラベンダーハイドロ
・ペパーミントハイドロ
・ネロリ
暑かった日のお風呂上りに
1:1:1で混ぜて使います。保湿をいれたいときはグリセリンやトレハロースなどを適量いれてください。

寝ぐせ直しに
・ローズハイドロ
・水 つやつやの髪に・・・
2:8(ローズ水:水)くらいで薄めて霧吹きにいれてしゃーしゃーと贅沢に使います。

マウスウォッシュ
・ティートゥリーハイドロ
・ペパーミントハイドロ
1:1で混ぜ合わせます。コップ1杯の水にこの混ぜ合わせた溶液小匙1をいれて口をゆすいでください。ティートゥリーは口内トラブルの予防になります。ミントは清涼感をもたらします。


Air Of Fragrance WEBが新しくなりました!
http://www.aof-aroma.com/

【今回、回答くださった先生】

やまぐちみほ

やまぐち・みほさん 有)桜ファーイースト代表
千葉市出身 世田谷在住
学生のころから香料に興味をもち、天然香料の輸入を始める。
何年もやっているのに飽きないのは香りの持つ力と信じている。香りは楽しい。
香りはいつも同じでない。2014年の春ごろに副鼻腔炎により2週間ほど無嗅覚になって、さらににおいの大事を実感。(今は復帰)
Air Of fragrance http://www.aof-aroma.com/shop/
香りデザイン・輸入・販売


小幡先生の主催する「お教室のお教室」に参加した生徒さんのお教室へ実際に行かれた生徒さんからのリアルな体験談レポートです! 今回は仙台の中央に位置するアロマテラピーKaorieで行われた、手づくり石けんのアドバンスコースの受講ポートが届きました!

モニターレポート-アロマテラピーKaorie

お教室の内容:手づくり石けんアドバンスコース・・・石けんの先生になりたいレベルの方たちでピンタレストやインスタグラムを見て作ってみたいデザイン石けんにトライする!という内容のクラスです。
場所:アロマテラピーKaorie(仙台市)
レポーター:村上順子さん
プロフィール:82年生まれ。2003年から在住していたニュージーランドにて、出産をきっかけに手づくり石けんに目覚めました。以来独学で制作を続けていましたが、日本帰国に伴い、アロマテラピーkaorieにてジュニアソーパー資格を取得。現在は仙台市内の自宅にて石けん教室HOROIAを開講するため準備中です。


先日、仙台の中央に位置するアロマテラピーKaorieで行われた、手づくり石けんのアドバンスコースに参加してきました。
テーマは、今世界中で流行っている、「コズミック・スワール」!
興味はあったけれど、どういう風に作ればいいか分からずに、ずっと制作をためらっていたパターンだったので、開催されると知ってすぐに申し込みました。

image1

教室風景。とってもアットホームです!

教えてくださるrie先生は、東北で数少ない、宮城では唯一のシニアソーパー。
理論に基づく化学畑の視点からお話をしてくださるので、毎回とても参考になります。それにとってもお話が面白いんです!
生徒さんもみんな、ノートにメモをしながら真剣に話を聞いていました。
ちなみに、この日集まった生徒さんは、私を含め全員がkaorie出身のジュニアソーパーさんでした。

苛性ソーダ以外の必要な材料を量ったら、早速制作開始です!
油の入ったボールの中に苛性ソーダ水溶液を入れ、ぐるぐると撹拌していきます。
image2 image3 3-2
いつも思うのですが、少しずつ様子が変わっていく生地を見るのは、何度見ても興味深いです。
ペアを組んで、かわりばんこにぐるぐるしていきました。

先生のアドバイスを聞きながら、きれいなパターンが出やすい固さになるまで撹拌を続けます。
泡立て器だけでなく、ブレンダーも使って、少しずつ生地の様子を見ていきました。

おそらくコズミックスワールで一番難しいところは、この「トレースの見極め」だと思います。
あまりにも緩くてもそれはそれでダメなんだと思いますが、いつものようにしっかりとしたトレースを出してしまうと、上手に流し込むのが難しくなるそうです。
自己流で試行錯誤も素晴らしいことですが、こういったコツを直接自分の目で見て学べるのは、やっぱりお教室ならではの利点だと思います!

image4

トレースの確認をしたあとは、自分の選んだ色を、小分けにした生地に混ぜていきます。
私はこちらの四色に。
色を選ぶのはとっても楽しいので、教室のみんなで楽しくわいわいと悩みました。
この色選びに関しても、出来上がりの柄がよくわかるようにと先生がアドバイスをしてくれます。

こちらを型に入れていきますが、これも直接やり方を聞かなかったら私にはどういうことか分からなかった気もします。
複雑ではないのですが、タイミングとか速さとか様々な要素が同時に大事になってくるので、この時点で一人でやっていたらきっとものすごく混乱してしまったかも??

みんなでワーキャー言いながらもそれぞれ頑張って注ぎ終え、私はこんな感じに型入れができました。
思った感じと違うところもあり、イメージに近いものを作るには、まだまだ自主練が必要だな〜と痛感。
それでも自分的に満足の行く結果になったかな?と思います。

image5 image7 image6

その後、型から出す頃には色もかなり落ち着いていました。
もう少しはっきりとしたコントラストの方がよかったかな?とも思います。
それでも初めてのコズミックスワールにしてはとっても可愛い石けんになったので、満足です!

こちらのアドバンスコースは石けんをある程度作り慣れている人向けに開講されているコースです。
今はインターネットなどで手軽に情報を手に入れることができるため、色々なパターンの石けんにチャレンジしやすいとは思いますが、やはり自己流には限界があるなと思うことも多いのではないでしょうか?
そんなときに、シニアソーパーでもある先生から、直接自分の耳や目、手を使って学ぶことのできる場はとても貴重だと思います。
いろんな石けんを作ってきたけれど、さらに自分のスキルをブラッシュアップさせたい人には、是非お勧めしたいコースです!

【お教室の情報】

◆教室名: アロマテラピーKaorie
◆住 所: 宮城県仙台市青葉区本町2丁目7-13-305 (仙台市地下鉄南北線「広瀬通駅」から徒歩3分)
◆代 表: 遠藤 理恵(えんどう りえ)
・薬剤師/アロマテラピーKaorie主宰
・AEAJ認定アロマセラピスト・アロマインストラクター・アロマブレンドデザイナー
・HSA認定シニアソーパー・犬の石けんマイスター
2007年「アロマテラピーKaorie」を開校。 2009年より“手作り石けん講座”をスタート。
家庭で安全に石けんが作るための基礎が学ぶための初心者向け講座、石けん教室を開きたい方向けの資格講座の他、参加者のリクエストに応じながらデザイン石けん作りや季節の素材を使った石けん作りなど少人数制の講座をしています。
◆受付時間: 10:30~20:00
◆定休日: 月・火・金曜定休、その他不定休有
◆Email: info@kaorie-aroma.com
◆HP URL: https://kaorie-aroma.amebaownd.com/


【会員限定】石けん作りにまつわる、素朴な疑問質問に業界で経験豊かなベテランのソーパーさんやその道のプロ!名人から回答をいただくコーナーです。Wisdomは単なる知識ではなく、経験に基づいた知恵や教えという意味があり、みなさんの石けん作りに役立てるためのひとつの方向性として読んだいただく記事です。

Q.どんな石けんがお肌に優しいの?弱酸性の洗顔料の方がお肌に良いのでは?



前回、手作り石けんがお肌に優しく感じられる理由を書いたのですが、
健康なお肌と同様に、特にお肌が弱っている方、荒れている方でも同じように手作り石けんが『優しい』のでしょうか?
1
市販されている洗浄剤の中には、『弱酸性でお肌に優しい』と謳われているものもあります。
手作り石けんと、弱酸性の洗浄剤、どちらが『優しい』のでしょうか?

ところで『肌が健康』というのは、どのような状態でしょうか?
•ハリがある。
•しっとりしている。
•みずみずしくて、血色が良い。
•キメが整っている。
このようなお肌だと、健康だと感じるようです。
はりツヤがあり、キメが整い血色が良い状態。ぜひとも目指したいお肌ですね!
そして健康なお肌の皮膚のPHは通常は4.5~6.5、平均5.75の弱酸性です。
皮膚を弱酸性に保っているのは『皮膚常在菌』の存在が大きく関係します。
常在菌がバランスよく活動していることが、お肌をしっとりと健康に保つ条件のひとつです。

皮膚常在菌は、ヒトの汗や皮脂を栄養にして活動します。
2

その際に作り出されるのが、弱酸性の脂肪酸です。弱酸性の脂肪酸は汗や皮脂と混じりあって、理想的な皮脂膜を作ります。それにより、しっとりとハリがあり、外からの刺激に強い健康なお肌が育ちます。

さて石けんは、手作り石けんに限らずですが弱アルカリ性を示します。
石けんでお肌を洗うと多くの皮膚常在菌は汚れと共に洗い流されます。しかしお肌には『中和能』という機能があります。
これは、お肌がアルカリ性に傾いても時間の経過とともにもとの弱酸性に戻る作用のことです。
石けんで肌を洗った場合、皮膚の表面は弱アルカリに傾くのですが、中和能により30分~数時間で正常な弱酸性に近づくと言われています。

健康なお肌の場合は、弱アルカリ性の石けんを使用しても問題はないと言えそうです。

では、お肌が弱っている場合はどうでしょうか?
常在菌の活動がバランスが取れていない場合は、少しの刺激でも痛みや痒みにつながることがあります。
弱アルカリ性の石けんより、弱酸性の洗浄剤を使用した方が、刺激が少なく『優しい』と感じることがあります。

一方で、石けんは洗い流すことにより界面活性剤が失われるという性質があります。
これはお肌にとっては、肌に界面活性剤が残らず、肌を育てることに貢献する嬉しい性質と言えます。
洗浄剤は石けんではないので、水で薄まっても界面活性を示すものが多いようです。

『石けん』と『弱酸性の洗浄剤』どちらが優しいのか。
それは使う人のお肌の状態にもよるので、一概に『こちらが優しい!』とは言い切れるものではありません。
でも、目指すところは一緒。
ハリがあって艶やかな健康なお肌です。

個人的には・・・
お肌も身体の一部なので、食べ物や健康に気を遣ったり
ストレスをためないように、運動したり楽しい事をして過ごすのがお肌の為には一番なのかなーって思います。
そういう意味でいうと、手作り石けんはぐるぐると作る間も楽しい時間!
出来上がった石けんを使うときにもワクワク♪
お肌だけじゃなく、心にも良いなんて。手作り石けんってやっぱり素敵だなーって思ってます。


スポンサードリンク

【今回、回答くださったソーパーさん】

face1

AZSTORYのAZさん(愛知県名古屋市)
はじめまして!手作り石けん教室AZSTORYのAZです。愛知県名古屋市で手作り石けんの教室を2010年より開いています。
石けん作りが初めての方から、資格取得の講座、化粧石けん講座まで、色々なコースをご用意しています。
固形、液体、ぷるぷる・・・色んな石けんを作っていただけます。
『石けん作りを楽しむ!』というのがポリシー。お持ち帰りいただくのは石けんと笑顔です♪
教室の詳細は手づくり石けん教室AZSTORYのホームページ【http://azsoap.com】をご覧ください。
AZのブログLittle Story【http://ameblo.jp/az—story/】にも遊びに来てくださいね~。


【会員限定】石けん作りにまつわる、素朴な疑問質問に業界で経験豊かなベテランのソーパーさんやその道のプロ!名人から回答をいただくコーナーです。Wisdomは単なる知識ではなく、経験に基づいた知恵や教えという意味があり、みなさんの石けん作りに役立てるためのひとつの方向性として読んだいただく記事です。

Q:スランプの過ごし方




どんなに好きなことでも、どんなに得意なことにでもスランプってあると思います。石けん作りも同じです。スランプを克服!なんて身構えても、苦しいばかり。何度もスランプを経験してきた私のスランプの過ごし方、それはスランプを楽しむ、ということです。

Q.1 はじめて小さなイベントに出品します。
普段は、次々と新しいアイデアが浮かんで来るのに、急に何も浮かばなくなってしまいました。このままでは出品する石けんができそうにありません。

fbc4ff99cb5802280f08a3ea2275ea35_s
A.1 手作り石けんのレシピは無限にあります。同じものを作る方が難しいくらいです。
新しいものが浮かばないと焦っているのは、実は自分だけだったりします。ましてはじめてのイベントなら、どれもが新作です。世の中にはまだまだ手作り石けんのことを知らない人がたくさんおられます。何を出品しても、新鮮な気持ちで受け入れて下さる方が必ずいらっしゃいます。どんな作品が好まれるのか、目をひくのか、そんなことばかり考えれば考える程、何がしたいのかわからなくなってきます。そういうときは、自分にとって一番好きなものは何か、自分が得意とするものは何か、もう一度振り返ってみます。
シンプルな石けんが好きな人、凝ったデザインに心ときめく人、素朴な温かい石けんにほっとする人、良い香りにつつまれて優雅な気分になりたい人。作り手の個性が表れるのが手作り石けんの面白いところです。自分が何を伝えたいのか、どんな石けんが好きなのか、何度も振り返るうち、本当に作りたいものが見えてくるかもしれません。
人に媚びたり、競い合う気持ちで作っても、疲れるだけです。一見素晴らしい石けんがたくさんできても、何だかもやもや気分が晴れない、という時は、そういうところに原因があるように思います。良い意味で開き直ってしまいましょう。

Q.2 ネットショップをはじめました。お客様に飽きてしまわれないか心配で、色んなことを考えているうちに、何だかとても疲れてしまいました。

107567bee3dd059495c8b2065e895e47_s

A.2 これもQ1と同じことが言えます。また、お店だけではなくて、お教室でも同じだと思います。何が自分にとって一番なのか、よく考えて見て下さい。
数あるお店(またはお教室)の中から、あなたのお店を気に入って下さった人、それはあなたのお店の特色に惹かれてのことだと思います。新しいアイデアが浮かばないなら、自分の特色をより深く掘り下げてみると良いと思います。香りが好きなら、香り違いを作り比べてみるとか、カラフルな石けんが好きなら、同じデザインで色違いをいくつも作ってみて、色の影響を考えてみるとか。使い心地重視なら、いっそ無地のシンプルな石けんばかり作るとか。
オプションの中でもクレイばかり取り上げるとか、はちみつ石けんばかり作り比べてみるとか。それが売り上げアップにつながるかはわかりませんが(笑)、少なくとも、作れば作るほど疲れる、何をやっているのかわからない、という「もやもや」はなくなると思います。自分が伝えたいものを伝えるということを中心に考えれば良いのです。それで売り上げもついてきたら、一番うれしいですね。私には特色なんてないわ、何でもちょっとずつやってみたいわという人、それもまた特色です。
幅広くいろんなものが欲しい人(習いたい人)が集まって下さると思います。

 やる気が出ない、作る気になれない、だから作るのをやめようと思えるなら、やめたら良いだけなので、何も問題ありません。手作り石けんの魅力にどっぷりはまってしまった人が、本当は石けんが大好きで、もっと良いものを作りたいと思うからこそ、もやもやしたり、つらくなったりするのではないでしょうか。スランプは、自分のことを見つめるチャンスです。逃げ出さずにじっくり石けんと向き合うと、石けんにまつわるいろんなこと、原料油脂のこと、オプション材料のこと、さらにはラッピングや写真まで、本当にまだまだ知らないこと、知りたいことが一杯だということに気付くはずです。
そして、大好きだからこそ、苦しいこともある、恋しているかのようなこの感覚を楽しめるようになれば、スランプなんてこわくありません。石けんなんて自分で作らなくても簡単に手に入るこのご時世に、わざわざ自分で作るのですから、じっくり丁寧に手作り石けんを楽しみたいと思います。


スポンサードリンク

【今回、回答くださった先生】

Yumiko1

友尾由美子さん
京都府宇治市出身 大阪府堺市在住
薬剤師
1999年頃から手作り石けんを作り始め、細々とではありますが、手作り石けんを販売しています。
レシピを組み立てるのが好きで、作りたい欲にかられて作る自分用の石けんは、ほとんど毎回違うレシピです。
石けんを作る楽しさをより多くの方に知って頂きたいと思います。
https://www.facebook.com/yumikoshandmadesoap